Loading...
X

総量規制見直しがされるようになった理由

総量規制は「個人の債務が年収の3分の1を超えてはならない」という制度で、2010年6月18日の貸金業法の改正と共に導入されたものです。それまでの貸金業法ではお金を次々と借りて行って返済できずに破産してしまう人が多くなってきたため、それを防ぐために借り入れできる金額を制限するために導入されたものです。これにより、新たな借り入れができなくなって返済に困った、という人も出てきてしまっています。しかし、現在この総量規制の見直しが行われようとしています。これは総量規制によって景気の減退が少なからずあるという現状が理由になっています。総量規制によってそれまでの主な顧客だった自営業者や中小零細企業の経営者が新たな借り入れが難しくなってしまったため多くの貸金業者が倒産してきました。これが契機に影響を与えている、というのが大きな理由になっています。
「またお金を制限なく貸すようになると、破産者などが増えるのでは?そうなるとまた倒産する会社が出てきて意味がないのではないか?」という意見もありますが、消費者金融などは過去に過払い金の請求や債務整理を行う人が増えた結果利益を大きく減少しているという経緯があるため、これまで以上に貸付時の審査が厳しくなったり、無理な貸付自体を行わないのではないかとも言われており、結果的には見直しが行われたとしても総量規制されている現状とあまり変化はないのではないか?という意見もあります。

総量規制とは | 貸金業法についてはこちら